自分で浮気調査することを考える。

探偵に浮気調査を頼みたいけれど、自分でもできそうな気がするし。この際だから、自分でやってみよう!と考えつく人は時折いるようです。自力で浮気調査のプランニングをすることは結構大変。【自力で浮気調査プランニング】では、調査を行う前に知っておきたい情報や、考えておく必要のあることについて、まとめて紹介していきます。
プロに頼めばお金がかかる。自分で調査すれば、当然無料。
経済的に苦しい。だけど調査は必要ならば、自身で浮気調査もありな話です。但し、探偵の様に調査出来るか否か、それは浮気調査をする人の段取りと意気込み次第です。
自力で浮気調査をするには、探偵に依頼をするよりも、入念な情報収集が必要。
なぜなら、子供がいれば、子供をどこかに預けて調査を行わなければいけないはずだし、夫婦だけの世帯なら、仕事を持っている場合が多く、調査のために仕事を休まなければならないことも考えられるからです。
まずは、怪しい日の割り出し。ここが出発点。
怪しい日の割り出しは、ただ淡々と、調査対象者の行動をメモにとることから始まります。これは探偵に調査依頼する場合も同じ。
探偵依頼の料金を圧縮する時も、怪しい日を見つけておくことで、ピンポイントで調査ができ、無駄なく調査を進めることができるからです。
この作業と並行して行うのが、状況証拠固め。小さな情報を集めて浮気の状況証拠を積み上げていきます。
あまりお勧めはしたくありませんが、LINEアプリ調査の対象者は使っていませんか?LINEのIDとパスをたまたま知っている。なんて場合、別の端末から、LINEでよく連絡をとっている相手を調べる。なんて事もできるようです。
スマホの紛失モードで、現在地の確認をする。1つのPCで端末管理を行っている場合、現在地確認のできるスマホがあります。
但し、ファミリー共有をしていなければ、端末のIDとパスを知る必要があります。現在地確認で、普段の行動を把握する。パターンを見つけることで自力で浮気調査をプランニングすることに役立ちます。

  • Copyright(c) 2015 自力で浮気調査プランニング